毎日、そばにある♪♯


by metergirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

デレクくん、芸能ネタ

ひきつづき、デレク・トラックス(しつこいな)。

(芸能)ウラネタではないのが残念ですが。

デレク・トラックスとスーザン・テデスキ夫妻の間にはお子さんがふたり。
5歳と2歳で、連れて行けるときはツアーにも同行させているそう。



写真はSoul Stew Revival Tourでのおふたり。
このときもその‘5歳と2歳’はついてきていたそう。



去年のクラプトンのツアーのときも来ていたらしい。

「9月からは上の子の学校がスタートするので、ウィークデイは家にいないとアカン、週末だけ演奏して5日間はオフで、っていうのも大変かな」とテデスキさん。

この‘5歳と2歳’くんも、そのうちミュージシャンかな。

SOURCEはこちら。
[PR]
by metergirl | 2007-08-30 21:25

SONGLINESのSONGたち

前回に続き、デレク・トラックス・バンドのアルバム、SONGLINES。


1. 印象的なリフ+前衛ジャズ Volunteered Slavery

2. ハモンド・オルガンがひっぱります。  I'll Find My Way

3. トラディッショナルスライドブルーズ・マイクの声高い。 Crow Jane

4. 700年も前のパキスタンの音楽 Sahib Teri Bandi/Maki Madni

5. Bayouなんたら~という歌詞とミーターズみたいなリフと掛け声+ドブロギターが深南テイストの根っこを思わせるChevrolet

6. ジャマイカンレゲエ Toots HibbertのSailing On
タイトルどおり前向きで「なんかが始まる感」に満ちている。

7. Revolution

8. I'd Rather Be Blind, Crippled And Crazy
邦題は「めくらでびっこできちがいになった方がマシや」です。(うそ!)

9. All I Do

10. Mahjoun

11. I Wish I Knew (How It Would Feel To Be Free)
バラカンさんがいろいろなヴァージョンを聞かせてくれた。のっけからテンション上がる曲だけど、曲が進むにつれてぐいぐいひっぱってくれる。

13. 風景が浮かびスピリチュアル感漂う This Sky

みんな11月に来たときにやってほしいものばかりです。
[PR]
by metergirl | 2007-08-28 22:56

SONGLINES~歌の道~

みんな大好き、デレク・トラックス・バンドのこのアルバム。



SONGLINESはオーストラリアの先住民・アボリジニの先祖の足跡をたどるルートマップのこと。
Bruce Chatwin という人がそのSONGLINESの本を書いていて、デレクもそれにインスパイアされてこのタイトルをつけたのだそう。

アボリジニのソングラインっていうのは「神話」であり、「地図」であるらしい。

「歌の地図」なんていうと京都の通りの歌(♪姉、三、六角、蛸、錦~)とかそういうのん?っていうくらいしか思い浮かばず、広大なオーストラリア大陸を放浪移住していたアボリジニの神話なんたらっていうのとは程遠く。。。ちまちました現実的な感性でとらえてしまうのがわれながら残念だわ。

ココを読んでもよくわからずじまい。

けど、このアルバムを聞いていると、多様なルーツを持つデレクたちがプレイしている音楽と人類の祖先ともいえる人たちが旅してきたルートマップであるSONGLINESとを重ね合わせているって思えるのです。
[PR]
by metergirl | 2007-08-27 22:22
みんな大好きこのアルバム。



3曲目のAlways lift him upはこんな歌詞です。

借金払えずに友だちもいなくてガラの悪い奥さんにガミガミののしられて落ち込んでて酒飲みで生きる気力もなくて・・・・そんな男!
ちょっとくらいかわいそう、とは思うけど甘やかしたらあきません。

でも、
この歌はそんな男がいたらせいぜい優しくしてあげようなっ、って呼びかけるのです。

繰り返し、
♪Always lift him up and never knock him down~~って、男声コーラスで。
この歌声もギターの音もメロディーもなんともソウルフルです。
歌詞は四番まであって、かなり諭されます。

最後の方でJust remember he's some mother's precious darlingとも言ってます。

そうそう。どんな変なオッサンでも誰かの大事な息子ってことを思うと、優しい気持ちも芽生えるから不思議。

自分の息子もどこかで誰かにそう思われて優しくされますように、と思うならわたしも心がけなくてはいけません。
[PR]
by metergirl | 2007-08-26 20:13 | その他