毎日、そばにある♪♯


by metergirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

次はこの映画

mixiで教えていただきました、まだあります、舞台がニューオーリンズの映画。

ママの遺したラブソング

ニューオーリンズの老舗カフェデュモンドとこんな提携も。

ここで細かく計画・計算すると。

まずカフェデュモンドへ行ってそこでチラシをもらってなんか食べて、そのレシートとチラシを持って映画館へ映画を¥200割引してもらう。で、見たあとはその映画の半券を持ってもう一度カフェデュモンドへ行ってベニエを食べてそれを半額にしてもらうってか?カフェデュモンドへは2回行くことになるわけですな。

最寄のカフェデュモンドは京都駅ビルのオープンスペースにある。ココにガンボもベニエ(お砂糖のついたドーナッツ)もあるんやね。

おととしニューオーリンズへ行ったときは、ここのコーヒー豆をおみやげにしたもんです。フレンチローストは苦くて好きな味です。
b0012375_201064.jpg

ベニエはやけくそみたいにたくさんお砂糖がついていたのに辟易しましたが、揚げたてはまぁおいしい・・かな。

映画は京都シネマで(COCON烏丸)。
[PR]
by metergirl | 2007-03-31 19:59 | その他

絵が浮かぶ音楽

YKK APのテレビCF
窓から日差しが入る白い部屋にドビュッシーのピアノ曲。
映像によく合っているし、この曲が流れると必ず「あ、なんのCFかな?」って画面を振り返っていたから、これをCFに使った音楽の効果はあったということでしょう。
そして・・・「窓は、風景を切り取る装置です」のキャッチコピー

YKK AP「マド」CMソング グラドゥス・アド・パルナッスム博士~ドビュッシー作曲。この曲からあの窓のイメージが浮かぶかどうかはよくわからんけど、「雨の庭」「月の光」「花火」・・・わたしが知っている数少ない曲の中でも、音から確かに絵が浮かぶ音楽がよくあります、ドビュッシー。
[PR]
by metergirl | 2007-03-30 19:04

テレビいろいろ

この前からNHK BSでいい番組がいっぱい。
FUNK BROTHERS のライブ(2004年モントリオールジャズフェスティバル)、矢野顕子(2006年11月NHKホールライブ)、ムーンライダーズ30周年・・・。

その間にベストヒット100っていうのもあった。ローリングストーン誌で選ばれたベスト100曲を映像とともに紹介するというの。初公開の映像もいくつかあったらしい。54位に入っていたこの人のあの歌の映像もそのひとつ。
♪When a man loves a woman~


ひざまずいて嘆願して歌う映像を前に見たことがあって、そのときの全体の様子から「深海魚」とあだ名をつけていましたが、今回もそんな雰囲気で魅せてくれました。
いちずな気持ちを歌った歌やカッコ悪くすがる歌が合うヴィジュアルなんだ。

ところで、最近、NHKの音楽番組の案内役をよく務めている住吉美紀アナウンサー。
英語の曲紹介をしたら、帰国子女であるか留学経験があるとすぐわかりました。
英語をしゃべるバラカンさんが日本人っぽく英語を読むのや大阪弁のゴンチチや上柴とおるさんのDJをふだんよく聞いているので、あぁDJってフツーはこういうふうに読むんんだったなぁと新鮮でした。
[PR]
by metergirl | 2007-03-30 19:01 | その他

デジャヴ

水曜レディースデーを狙って昨日みて来ました。

初めのフェリーのシーンでは船の中で演奏されるWhen the saints go marchin' in
これは海軍のブラスバンド(?)の演奏だかなんだかでニューオーリンズっぽくはなかった。
で、その時刻に車のラジオから流れるビーチボーイズの美しいDon't worry,baby~
これがラストシーンの「やり直した過去」でも再び流れる。

フェリー事故の被害者の美しい女性クレアのお葬式では、シャーメイン・ネヴィル(チャールズ兄さんの娘ですね)がアメイジンググレイスを。横にアコーディオンの男性がいましたが、この人もZydecoのシンガーらしい。ほかにも捜査が進むシーンではニューオーリンズテイストのパーカッションが利いたサスペンスチックなBGMが流れていた。

見覚えのあるフレンチクォーターの景色も出てきたし、路面電車に載っているシーンも。
大都会ではないニューオーリンズの独特の雰囲気がこの映画の「時のねじれ」にぴったりっていうのもよくわかります。

最後、見終わったあとも「えぇ~?あのあと捜査官ダグはどないなるの??」」と疑問が。
わたしごときをその気にさせてストーリーに引き込むのは簡単なもので、ほんとうに不思議な気持ちにさせられた映画でした。

それにしてもデンゼル・ワシントンは凛々しくてまっすぐなイメージがほんとうにステキ!
黒いし~♪


[PR]
by metergirl | 2007-03-29 23:42 | その他

卒業式ミュージック

もうひと月ほども前のことになるけど、3月1日、次男の高校卒業式。
これで子どもの式や行事に行くのも最後。私自身も保護者卒業の気分。

生ブラスバンドの演奏エルガー「威風堂々」で、生徒入場。

校歌and国歌「君が代」斉唱。全員起立したけど、ほとんど誰も歌っていない。

送辞and答辞のときのBGMは元ネタがバッハのeverything is gonna be alrightでしんみり。

生徒退場「アメイジンググレース」
[PR]
by metergirl | 2007-03-29 22:44

やっかいなDVDレコーダー

矢野顕子が出ていたNHK「ようこそ先輩」。
彼女の故郷の青森の小学校を訪ねたらしかった。
総合、教育、BS2と3度も放送されたのに見逃してしまった。
今度のこれもすでに1度見逃しているので、3月25日の深夜はゼッタイ予約!

■NHK「矢野顕子LIVE ~30年間 ずうっと気持ちいいわたしです」放送日のお知らせ

10周年をむかえた、さとがえるコンサート。
2006年11月25日のNHKホールのトリオ公演を中心にお送りします。
矢野顕子、アンソニー・ジャクソン、クリフ・アーモンドのインタビューもお楽しみに♪

■NHK BS2
 2007年1月27日(土)16:30~18:00
NHK BShi(ハイビジョン)
 2007年3月26日(月)(25日(日)深夜)午前0:25~1:55


ところで、ウチのDVDレコーダーは、予約された番組が始まるときに電源がOFFになっていないと予約録画が作動しない。今までそれで何度も失敗している。失敗というか、わたしが予約している番組が始まるときにウチの誰かがDVDを見ていると録画は作動せず、とれない。このごろは、「ゼッタイ電源を入れないで」という札を作って立ててある。厄介だ。
[PR]
by metergirl | 2007-03-13 20:50 | その他
昨日の朝、寝床の中で7時にラジオのスイッチをいれた。

が、
7時15分に始まったはずのNHK FMウィークエンドサンシャインは、バラカンさんの話など何も聞こえず、
The Night They Drove Old Dixie Down とFuji・・・Iの声とリチャード・トンプソンの声を夢の中で聞いた覚えしかない。
気づいたら9時をまわっていて次のクラシックの番組が始まっている。
それでもなおダラダラおふとんから抜け出せずにいた。
うわぁん、なんでこんなに寒いの。なんでこんなに眠いの。

土曜の夜は、同じくNHK FM「ゴンチチの世界の快適音楽」をよく聞くけど、なんと4月からこの番組が土曜の朝、9時からになったそうな。
ということは、「ウィークエンドサンシャイン」と「世界の快適音楽」が立て続けに?
うれしいような、しんどいような。
「夜はどうすればいいの?」と困るような。
[PR]
by metergirl | 2007-03-11 19:09

デジャヴ

ハリケーン後のニューオーリンズで撮影されたこの映画もうすぐ公開らしいです。

デンゼル・ワシントンは大好きだし、ぜひ観に行こうと思います。

ココを読んだわたしの女友だちよ、ニューオーリンズかデンゼル・ワシントンのどちらかが好きなら、水曜日にわたしを誘ってみてね。
[PR]
by metergirl | 2007-03-10 18:15 | その他