毎日、そばにある♪♯


by metergirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日々の買いもの用に
こんなお財布を見つけたので買ってみた。

お札を入れるところが7つに分かれているので、たとえば、月~金まで、1日ずつの予算を分けて入れておくという使い方ができる。

月1個、6ヶ月のコレクションで、毎月、色違いのが送られてくるというシステムの通販。
初回、黄色いのが来た。
ピカピカして思ったよりチャチだった。値段から言えばこんなものだろうけど。
b0012375_19511232.jpg

b0012375_19513247.jpg

けど、返品するのもじゃまくさいので、
これでがんばって予算どおりの生活をし、節約しましょう。
と、張り切っていたら、
「そんなん、月曜に木曜くらいまでの分、使ってしまうヤロ」
「すぐに自分でルール変えて、お金補充するんちゃう?」
と、横から高3男子。
まぁね。。

ほいで、本日の音楽日記は・・・

ラジオで聞いて気にいったラジエーターズの
Party til the money runs out(←1曲目)
ハハハ。お金がなくなるまでパーティか。
・・・やっぱりいいなぁ、こういうスタンス。
そういえば、この前、食事に行って支払いを済ませたら
お財布の中身が13円になった。
電車の回数券は持っていたけど、駅からバスにも乗れず、
雨の中を歩いて帰る。
これこそ、~♪Party til the money runs out~♪
やりくり上手の仕分けサイフで以後、
このようなことはなくなるか!?
[PR]
by metergirl | 2006-04-23 16:03
ウチの高校生にお弁当を持たせるとき、よくお菓子をいっしょに入れてやる。
お弁当の時間まで持ちこたえられない空きっ腹の虫押さえに。
こういうもの↓をお弁当箱の上に。


〈教室にて〉
これを食べようとしたら、女子が3人「お腹すいた~~」と言いながら、
入って来て、目が合った・・・ので、献上したそうな。
女子「ええええっー!くれんのぉーー??!!優し~~!!
‘ちょーだい’って言ってないのにィ~~!!?ありがとー!」

ーーーーどやどやどや、むしゃむしゃむしゃ。

高3男子談
「オレ、もう(大助・花子の)大助状態やってん。。。
あわわわわ・・・って。」

きょうの音楽日記は・・・
先週買った3枚のベネフィットアルバムのうち、
一番カッコいいのは、
やっぱりこれ↓これこれ。


1曲目のThis is my countryは、
シリルの怒りが込められているんだけど、
力強くて美しいんダ、これが。
やはり怒りも美しくなくては。
2曲目、アイヴァンが歌う反戦歌Fortunate sonも
エグい味わい。

タイトでファンクで陽気でエグいソウルフルネスが
全編に満ちあふれています。
[PR]
by metergirl | 2006-04-19 21:39 | Sweet boys
4月17日(月)
午前中、近所の「パティシェ」から差し入れアリ。
b0012375_2313126.jpg

          ↑2個も食べるのか、って?食べるよ。

このお抱えのパティシェと話し込み、時間は簡単に過ぎて12時。

そして午後の部スタート。快晴はまだ続いている。
さぁここからいろいろな家事を片付けるつもりが・・・
通りがかったPCの前に座ってしまい、また簡単に2時間くらい経過。
うぅーもう3時過ぎた~~あれせにゃ、これせにゃ~~
という4月17日でした。

ほいで、どこをうろついていたかと言うと・・・
こんなところ行って、
エルヴィス・コステロが熱唱するFreedom for the Stallionが
聴けるところを発見。
(左の「Hear Allen Toussaint」というところの1つめ)
ピアノ伴奏はもちろんトゥーサンさんで。
b0012375_1513165.jpg

ニューアルバムが話題の2人組ですね。

そしてさらにあっち行きこっち行きして、この曲のコードも発見
チラチラと弾いてみたりもしてさらに時間は過ぎる。

ほんっとうに
この曲は祈りに満ちていて力強く美しいわ。
ハリケーンのベネフィットコンサートで歌われるのには
さぞかしぴったりだったことでしょう。
ハリケーンでいろいろなものが生まれています。
[PR]
by metergirl | 2006-04-17 14:43 | ニューオーリンズ音楽

欲しいもので必要なもの

教科書代も要ったけど、そんなのは序の口とばかりに、
いろいろ支出が重なる4月、5月なんだけど。

「欲しいものと必要なものは違うのや」と、
つい最近、母も言っていたけど。
それは「欲しいけど必要ではないもの」を欲しがるときの戒め。

名前も書かず、なくても不自由しないような教科書は、
「欲しくないけど必要なもの。」・・・仕方なく買うしかない。
では、「欲しくて必要なもの」だとしたら、
これは、もう、買うしかない。

ハリケーンに襲われた
ニューオーリンズのことは忘れてはいけない、
これは必要なお買い物・・・とばかりに
被災者のために寄付できるアルバムを買い続ける。

というわけで、思い切ってレジに進んで「注文を確定」。



9月27日ニューヨークで開かれた
ベネフィットコンサートの模様を収録したもの。
ウィントン・マルサリスが中心になってやったものらしい。
アーロンさまはアーティ兄さんと
Go to the Mardi Grasを歌っている。
試聴したら
例によって調子悪そうなアーロンさまの高い声が。でも聴きたい。

「ウィントン・マルサリスの演奏がなぜ退屈か」という題で、
(村上)春樹さんが例の本で考察を行ってくれたのを理解済みなので、
その退屈さを確認するのも楽しみの一つ。



2枚組で過去の録音の寄せ集め
が多いと思うけど、多彩で豪華。
Come Together Nowというのは
We are the worldのようなノリ。
その曲は今回の録音なんだろう。
ネヴィルでは、名曲「ブラザーズ」のライブが入っているのが楽しみ♪

収益金はアメリカ赤十字 , Habitat For Humanity,
MusiCares Hurricane Relief Fundへ。



試聴and参加者チェックをしてみると、
これまた楽しみぃーなラインナップ。
濃い目のニューオーリンズ者たちによる
プロジェクトで新録。
マイミクのhiro兄さんも推奨。
これも収益金がMuscareかどこかに寄付されるはず。


以上、ニューオーリンズのミュージシャンのためになるお買いものレポートでした。



〈おまけ)
最近のわたしの寵愛を一身に受けるモンチッチMee Girl
b0012375_19463072.jpg

最近替えた携帯の待ちうけ画面。
b0012375_19471023.jpg
[PR]
by metergirl | 2006-04-13 19:39 | ニューオーリンズ音楽

あしたから新学年

で、何をしたかというと、子どもの教科書の「名前書き」
子どもって・・・小学生ではない。
高校三年生。
b0012375_1645392.jpg


去年はわたしが名前書きをさぼったがために(?)
2学期の途中で英語の教科書を紛失。
たぶん、席近の子のカバンにまぎれてそのままになっていたのだろう。
本人は、特に気にもせず、不便も感じずに失くしたまま2、3学期を済ませた。
よくそんなことができる。大したものだ。

それで、今年は張り切って太い油性マジックでフルネームを書く。
いくつも書いていたら、姓の後にいつもの癖で誤って、
「美那子」と自分の名前を書いてしまったりもして。
「うわっ、書いてもらったの丸出しやん、濃い目に消しといて!」
と注文つけられたりもして。

教科書一式¥11000。必要でありながら無駄な出費のような。
昨日、アマゾンのカート内にある欲しいCDなどをだいぶん整理して、「ほんとに買うぞ」というものだけを残したら、ちょうど合計がこれくらいになった。
ずっと前からカートに入っていて欲しいのを我慢しているCDや本に使いたかった1万1千円。

そして、桜は見ごろで、
週末はトム・ペティ↓の「ワイルドフラワーズ」

土曜の朝、バラカンさんが思い出させてくれて久々に。
このアルバム、なんか暗い歌詞の歌が多い。
タイトル曲のWildflowersも、
悩み多いわたしが桜を眺めたときの心境にぴったり。
って、まぁそれは言いすぎかな。
歌を聞いているとつい、自分の状況も大げさに詩的に考えたりして。
[PR]
by metergirl | 2006-04-09 16:05 | 白い人の音楽

日常のひとコマのBGM

ふた月ほど前のある夕方。
玄関のドアが開いて、「ただいま~」
突然の雨に遭ってずぶ濡れで帰ってきた高校生が立っている。
まさにその瞬間、
ほんとうにうまい具合に、
カトリーナ被災者へのベネフィットアルバムであるコレ↓を
聞いていて、ちょうど11曲目が始まった。

ココで確かめてください。11曲目です。
Beausoleilの「ルラゴン」という曲。
まさに「ずぶ濡れです、さんざんな目に遭いました」ふうのメロディーと音。

音楽と映像のあまりのぴったりのマッチに大爆笑したものだった。

そして、日曜の雨の日。
高校生さんは、
「6時半くらいに帰って来るから、そのころにOur New Orleansのあの曲をかけといてくれ。」
と言って出かけて行った。
だけど、きょうは出るときからざぁざぁ降り。
ちゃんと傘を持って出かけたんだから、
あんなには、「濡れねずみ」にはならないだろう、
と思ってこのCDはかけずにいたら・・・
そんなことはなかった。びっちゃびっちゃで帰ってきた。

なぜ??傘があるのにそれほどまでに濡れている??
「電車の中に傘忘れてきた。」
・・・・・

降りるときに雨が止んでいて置き忘れる話はよくあるけど、
これだけ降っているのに忘れるって。

やっぱりきょうもあの曲で迎えてやるべきだった。
[PR]
by metergirl | 2006-04-02 21:27 | ニューオーリンズ音楽