毎日、そばにある♪♯


by metergirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

前にもここで紹介したリンクだけど、これがコンパクトにまとまったものがあったのでもう一度紹介。
ロスアンゼルスのハウスオブブルースでやったハリケーンのベネフィット・ライブの一部と
Make It Funkyから映像(4曲)。
しばらく楽しめます。

"Skokiaan"のところに Allen Toussaint & Jon Cleary と書いてあって、
"Tipitina"のところに Kermit Ruffins, Irvin Mayfield & Troy Andrews とあるのは
入れ違いですねー。
早く気づいて訂正してほしいものです。

そういえば、
Make it funky・・・早く国内盤、発売しろ~!
[PR]
by metergirl | 2006-02-27 22:30 | ニューオーリンズ音楽
ネヴィル兄さんたち、今年はジャズフェスに出ないらしいです。
オリジナルミーターズ、ダンプスタファンクが出るからアート、アイヴァン、イアンと、
そしてハリケーンでえっらい目に遭ったらしいシャーメイン姐さんなどは出ますが。

うわさでは、アーロンさまの主治医がニューオーリンズは空気が悪いからぜんそくが悪化するし止めとき、と言ったとか。
ほんと~?
それだけの理由では説得力に欠ける。
なんか他に理由あるはず。
目下、調査中(って誰に頼まれてん!?)。
でも、ウィーンのジャズフェス出はるねんて。ヘンなの。

去年の今ごろ、いっしょうけんめいジャズフェス見に行く旅を計画していたのを思い出します。
あのころに戻りたいーーーー。
[PR]
by metergirl | 2006-02-21 21:39 | ネヴィルズ
2月7日(火)大阪城ホール
メンバー登場のBGMはThe Whoのアレ、アレよ。(曲名調べ中)
~オープニングから5曲目まで~
1.カルマ
2.Stage of the ground
3.Sailing day
4.リトルブレイバー
5.リリィ

~以下、順番覚えていないけど~
プラネタリウム
太陽(これとEmbraceはやるとは思わなかった)
Embrace
Super Nova(これとFiresignは客席にもマイクを向けて歌わせてくれた)
firesign
アルエ
キルド
銀河鉄道
天体観測

ダイアモンド
オンリーロンリーグローリー

アンコール1
車輪の唄
アンコール2
ガラスのブルース

やってほしかったけどやらなかった曲
  ・・・「K」「ever lasting lie」「ノーヒットノーラン」

1曲目から客席は全員総立ち
こぶしを振り上げ大合唱。
ほんとうにノリノリだったし感動したそうです。

このバンド、曲を書くのも歌うのも藤原さん。
この子の歌詞はどんなふうに詩的かというと・・・
Super Novaの最初はこんなふう。

♪熱が出たりするとわかるんだ
 僕にも体があるってこと
 鼻が詰まったりすると気づくんだ
 今まで呼吸をしていたこと

↑詩的じゃないわたしに言わせると・・・
熱が出てわかることは、風邪かな?ってことと健康のありがたみ。
鼻が詰まってわかることは今年も杉花粉の季節がやってきたってこと。

bioを見るとメンバーたちは、
幼稚園からいっしょで
中学の文化祭でバンドやったりしてたときからのつき合いらしい。
よっぽどバンドのハーモニーがよろしいんでしょう。

この出不精高校生2人(連れの友だちもかなりの不精もんだったので)を
大阪城ホールへ連れ出す力を持っているんだもの。
[PR]
by metergirl | 2006-02-17 23:20
ウチの高校生は、とにかくゲーム好きで出不精。
おまけにこんな環境に育ちながら音楽にあまりのめりこんでいない。
わたしの好きなものを横で聞いてしばしば的を得たことを言ったりはするが。。。
自らCDを買うことも今までほとんどなかった。

そんな高校生を外へ連れ出す力を持ったバンド・・・BUMP OF CHICKEN
7日(火)大阪城ホールへ見に行った・・・あんなに出不精なのに。
コンサートグッズも何点か買って散財してきた・・・あんなにケチなのに。
全曲、歌詞もほとんど覚えていていっしょに歌った
and初めから終わりまでスタンディングのノリノリだったらしい
・・・そんなにハジけたことなんて一回もないのに。

フツーの高校生ならこんなこと別に珍しくもないだろう。
・・けど、ウチの高校生にとっては、ほんっとーに信じられないこと。
恐るべし、BUMP OF CHICKEN

メンバーは25or26歳。
コンサートの客層は6:4で女子がちょっと多かったらしい。
年齢層は高校生から(バンド)メンバーの年齢くらいまでが多いらしい。

・コンサートの感想。
「すごかったー!
 BUMPであんなに乗れるんやったら、
 もし、オーティス・レディングなんかナマで見たら、
 失神するか死んでしまうかもなー」(そりゃーそうだ。)
・帰りの環状線の車中で。
酔っ払い4人に囲まれて、
「兄ちゃん、なんのライブ行ってきたんや~」
「あ、バンプオブチキンです。」
「バンバンジーか!(爆)」「おーバンバンジー」「がはは、バンバンジー」~~~
・・・のようにカラまれたらしいです。
「おれらの頃は、グループサウンズや。ビートルズや」などと言ってたそう。
(すごい年いってるやん。)
[PR]
by metergirl | 2006-02-12 23:51
2月5日スーパーボウルのオープニングで。
6日は朝8時からワクワクしてテレビの前に。
デトロイトは日曜の夜。
やっぱりナマはいい。今、アーロンさまがあそこにいて歌うんだわって思えて。

番組が始まって15分ほどしたころ、
去年亡くなったローザ・パークス、先月亡くなったキング牧師婦人、カトリーナの犠牲者のために黙祷をささげましょう、と言ったと思ったら、
カメラがDr.Johnに移って国歌が始まった。

前半をアーロンさまが後半をアレサ・フランクリンが、
デトロイトのクワイヤーたちといっしょに歌った。
もちろん、盛り上がりはアレサ・・・さんに持って行かれた、という印象。
むっさパワフルだったもん。
声ばかりか体格も完璧にアーロンさまを凌いでいたわ。

どっかのインタビューで、
共演してみたい歌手は?って聞かれてアレサ・フランクリンの名前を挙げていたアーロンさま。
もうイヤになったんじゃないかな。

ハーフタイムショウはストーンズ。
Start me up とニューアルバムの曲とSatisfactionの3曲。
あの‘ベロ’のマークの立派な特設ステージがあれよあれよいう間にできあがったのにはびっくり。
[PR]
by metergirl | 2006-02-06 23:00 | ネヴィルズ