毎日、そばにある♪♯


by metergirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2005年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2/19 フロリダ・タンパでこんな曲をやったとのこと。
前半は順番あいまいとのこと。オフィシャルサイトのメッセージボードより。

*Can't Stop the Funk
*Walkin' In the Shadow of Life
Love the One You're With
Change Gonna Come
Healing Chant
Sax Song (Didn't recognize, but it was great)
Don't Know Much
Everybody Plays the Fool
*Rivers of Babylon
Tell It Like It Is
Brother John / Iko Iko / Jambalaya
*Ball of Confusion
*Streets Are Callin'
Yellow Moon
*Carry The Torch

Encore:
*Brothers
Amazing Grace / One Love

あーん、こんなん、見たい!!
*はニューアルバムから。

いよいよ今週からヨーロッパ~オセアニアへ。
[PR]
by metergirl | 2005-02-21 22:01 | ネヴィルズ

レナードスキナード

きょう、ウチで大音量で鳴っていたLynyrd SkynyrdのBOX。
音もメロディーも大好きな曲がいくつかある。
その中のひとつ。Simple Man
巣立つ子ども(♂)に言いたいことがこの歌に詰まっている。
久々に歌詞の関西弁訳をしてみたくなった。
シンプルマンのシンプルは日本語でひとことでは言い表せない。

Mama told me when I was young  小さいとき、オカンが言うた
Come sit beside me, my only son  ちょっとアンタ、ここ来て座り、
And listen closely to what I say.  今から言うことよう聞きや
And if you do this  ほんで言うとおりにしたら
It will help you some sunny day.  人生、快晴や
Take your time. Don't live too fast,
ゆっくり生きるんや、急いだらあかん
Troubles will come and they will pass.
そら難儀なこともあるやろな、けど、それかて過ぎていくもんや
Go find a woman 、oh baby you'll find love,
ええ人見つけてちゃんと大事にしーや
And don't forget son,  ほんでアンタ、忘れたらあかんで
There is someone up above. 神さまはちゃんと上で見てはる
(Chorus)
And be a simple kind of man.  シンプルな人になりや
Be something you love and understand.
自分のことを好きでいられて自分が納得できるような人でいてや
Be a simple kind of man. シンプルな人になるんやで
Won't you do this for me son,
おかあちゃんのためにもそうなってくれるやろ?
If you can?できるやろ?

Forget your lust for the rich man's gold
金持ちになろうと思て欲出したりしたらあかん
All that you need is in your soul,
大事なもんはアンタの魂の中にある
And you can do this if you try. やろうと思たらできるわ
All that I want for you my son,
おかあちゃんがアンタに望んでるのは
Is to be satisfied.足りるを知ることや

Oh yes I will あーわかってるよ
I will be a simple man シンプルマンになるがな

Boy, don't you worry... you'll find yourself.
大丈夫や、きっと自分が見つかる
Follow your heart and nothing else.
自分の心のままに生きたらええ、いらんこと考えんと
And you can do this if you try.
やったらできる

All I want for you my son, これだけ知っといてほしい
Is to be satisfied.足りるを知ること

Oh mama, I will be a simple man 
あー、オカーハン、シンプルマンになるよ
don't you know, don't you know 知らんの
Oh I'm doin' the best I can ちゃんとやってるって

一度目に間違って訳していたThere is someone up aboveのsomeoneは、神(キリスト)のことだ、とcomplicated manさんに教えてもらい、訂正しました。
[PR]
by metergirl | 2005-02-18 23:44 | 歌詞を味わう
b0012375_2392278.jpg

The Neville Brothers(1978)90年ごろにCD化再発されたものかな。
入手。
国内限定盤というの。オークションで。今回は競争相手がひとり。といっても競り勝つスリルはなく。すでに入札されている価格の上をわたしが入れたにすぎない。美品でした。
910円で落札+冊子小包送料180円+郵便振替手数料105円(?)。
この前のレココレは350円に対して現金を使って銀行のATMで振り込んだら、¥300いくらか手数料が必要だったので、もうちょっと安い方法があったのでは、と後悔したもんだった。
なぜか、振り込み手数料ほど払いたくないものはない。
考えたらお金を相手に届けてくれるんだから、それくらいかかってもあたりまえのことなんだけど。郵便物など形あるものを目の前にとどけてくれるのとは違って、通帳上の数字が変わるだけだからついつい、ありがたみを感じなくて。

さて、このアルバム、レコード会社からプロデューサーを押しつけられた、プロデューサーはネヴィルズのことをわかっていなかった、ネヴィルらしくない、つまらない音、とかいう評判。それはぜひ聞いてみなくちゃ、ということで。

まだちょっと聞いただけだけど、ふーん、なるほど。
その悪評もわかる気が。

このアルバムに限らず、アーロンの歌うAh~、Wooh~というバラードの中で、安っぽい歌謡曲みたいなのがときどきある。
曲のつくりがあまりにメロドラマっぽいのには、「うわっ」と一瞬引くけど、あの声が聞こえると、歌謡曲であろうがクサかろうが、なんであろうが、いいやんか!どこが悪いねん!と、絶対好きになってしまう。
このアルバムのアリアンヌという曲もそのタイプ。

もっとファンクを!というファンが多いのかな。
オフィシャルサイトの書き込みでも、Give me Artと書いて、アーロンの甘党の曲のことを、milquetoastと評してあった。
「ミルクトースト」・・・なんか甘そう。
学習用英和辞典では、「(米語)極端に気の弱い男、いくじなし」とある。

この人たちの音楽ってネヴィルガンボと言われるようにいろいろなものがミックスされているだけに、受け入れられ方も難しい面があるのでしょう。

それと、どういうアルバムを作るかということも難しいんだろうな。

ニューアルバムをプロデュースしたアイヴァンは、親父(daddy)のキャリアや美しい声はすばらしいけど、ネヴィルズのアイデンティティを損なっていた、というようなことをインタビューで語っていた。うへっ。それで、あのアルバムね。あれも大好きよ、アイヴァン。
[PR]
by metergirl | 2005-02-16 23:42 | ネヴィルズ

レココレ90年11月号

b0012375_946388.jpg


90年にわたしはミーターズもネヴィルズも知らなかった。

ウチのレココレ棚を見ると90年はとびとびに半年分くらいしかない。
これもなかった。
夫談「そのころは興味のない号は買っていなかった」。

このレココレ、オークションでよく見かけるけど2000円とか1500円とか。
夫談「そうや、レココレのバックナンバーは高値がつくもんや」
そうは言っても、そんなん、高いわぁ。
と思っていたら350円で出しているのがあったので即、購入。
自伝で読んだようなグループの歴史が紹介されている。アルバムはBrothers Keeperまで載っている。編集盤、オリジナルアルバム未収録曲の記事では、へぇーいろいろ音源があるんだわ、と感心。
この湯浅学という人はこういう盤をみんな持ってるようやな、この人が親戚やったらよかったのに。

このころのライターさんたちのミーターズやネヴィルブラザーズへの熱い思いが伝わってきておもしろかった。
[PR]
by metergirl | 2005-02-14 09:52 | ネヴィルズ

きょうのうちの音楽風景

祝日。
午前
下のメインのステレオも若いもんの部屋もジェリー・ガルシアが鳴っている。
この父子、お互い、この人の同じCDを買ったりしている。
「『自分の』じゃないとイヤや」とか言って。

午後
疲れて昼寝したら予定時刻に起きられず。
去年の暮れの「くるりと矢野顕子」のコンサートがBSで4時から放送されるのに。
んー、まぁいいか、タイマーしておいたし。とぐずぐずまどろんで番組終了ごろにやっと起きて行ったら、ちょっとした手違いで録画は失敗に終わっていた。
BSが内蔵されていないTVなので、ビデオのチューナーをとおしてBSを見る、録画はまた別のレコーダーでやる、というわけで、BSのチューナーを誰かが少しでも触ると、録画のタイマーが機能していてもダメなのだ。BS7のニュースが録画されていてショック。
もう一回放送してくれー。


音楽的には、家族の中で蚊帳の外にあるウチの高校生が3泊4日の修学旅行から帰ってくる。
帰って来ての第一声は、「ニューオーリンズシックになったぁ」「早く♪ヘイポッキャウェイ~、聞きたい、あのドラムと」
まぁ、知らないうちにこの子もニューオーリンズ中毒になっていたのね。
ホームシックにはならずニューオーリンズシックになったなんて。
[PR]
by metergirl | 2005-02-12 00:07

映画レイ



レイ・チャールズの伝記映画。
よかったわぁ。ぜひ本も読みたい。
うちにはレコードないので、このサントラを買ってもいいかなー。
今回の記念に。

もちろん音楽もよかったけど、ストーリーも。
アフリカンアメリカンがああいう音楽を作ってきた過程は、本や映画で見せてもらうと、ワイルドでユーモラスな世界に見える。とてもワクワクする。

幼いころの体験、身近にあった音楽に目覚める、チトリンサーキットめぐり、レコード会社とのこと、人種隔離された劇場への出演拒否、・・・どれも生き生きしたシーンだった。目が見えないレイ・チャールズにとっては、「耳」が「目」だったというのもちょっと感動するエピソードを通して伝えられていた。

それと女性の存在。強い黒人女性って感じ。tough love!
母、妻、愛人、どの人にも気持ちを寄せることができた。
もう一回見たいー。
[PR]
by metergirl | 2005-02-10 23:30 | 黒い人の音楽
超時空要塞マクロスの中古LPをぎょーさん買ってきてご満悦のウチのもん(夫)。
理解できない・・・・あの、アニメの妙に大げさなセリフの言いっぷりとスリルもノリもない音楽。マクロスを知らないから?

きょうは横になると天井が動く。このくらいの酩酊は気持ちがよい。
ばいばい、おやすみ。
[PR]
by metergirl | 2005-02-08 22:36
フリートウッドマック Rumors
これはよろしい。
ボーナス・ディスクにわたしの大好きなNever Goin' back again「もう帰らない」が2回も入っている。新鮮なバージョンで。このボーナス・ディスクはよろしい。

このアルバムのメイキングビデオのようなものがあったので、久しぶりに見た。メンバーそれぞれが離婚の危機にあったりして、大変なときに作られたアルバムらしい。たとえば、ベースのジョン・マクヴィはこう言っていた。「一番愛して一番尊敬した女性(クリスティン・マクヴィ)から、もうわたしの人生に関わらないでと言われたんだから、つらかったよー。」だって。
かわいそー。
それでも音楽はbeautiful
どの曲もいい。よぉーできた曲ばかり。
[PR]
by metergirl | 2005-02-04 23:23 | 白い人の音楽

オークションを逃す

ネットで知り合ったみなさまがたに教えてもらったオークションのお楽しみ。
b0012375_2285819.jpg

アーロンさまのこのアルバムが何度も値下げして出されていたので、アーロンさま、売り叩かれて気の毒・・と思いながらも、粘り強く値下げを待っていたら逃してしまった。たぶん、カントリー風味のやつだと思う。

初め見たときは、¥1000で出してあって、入札がなく終了・・その後、ちょっと値下げして¥760でまた様子を見て、さらに下げて¥500にして、それでも反応がなく、¥460になっていたコレ。
見本盤だけど、未使用だし、買ってもいいか・・と思ったものの、これだけ値下げを繰り返しているなら、ゼッタイまた下がると踏んで様子を見ていた。そうしたらなんと買い手が現れ、オークションは終了していたのだった。
[PR]
by metergirl | 2005-02-01 22:10 | ネヴィルズ