毎日、そばにある♪♯


by metergirl
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2005年 01月 24日 ( 1 )

きょうはアーロンさまのお誕生日。この世に彼を送り出してくれたこと、母アメリアさんと神様に感謝します。
b0012375_23152235.gif
顔写真、こっち向きだと、あのどう見てもペケポン(×)にしか見えない、剣のタトゥーが見えないからいいわ。
ところで、
スーパーセッションズ ネヴィルブラザーズandフレンズの顔ぶれと曲目
1.ニューオーリンズの街の風景がチラッと写って、30N X 90Wというチャールズのサックスが堪能できる曲。オープニングMC、ブラザーズのメンバー紹介はチャールズがやっています。曲名の北緯30度西経90度はニューオーリンズの位置だと説明している。(字幕があってヨカッタ)

2.ジョン・ハイヤットといっしょにYellow Moonを。
アーロン様はキーボードを弾きながら歌う。先に買っていた「20th Century MastersシリーズのDVD」で見たのはこの映像だったんだな。

3.アイヴァン・ネヴィルの曲、Falling Out of Love、このころは20代後半?今とずいぶん違ってかわいい、が、おっさん声はすでにこのころから。アーロンは舞台袖でしかめっ面で見ている。歌い終わったアイヴァンにみんな笑顔で拍手を送るのにアーロンはにこりともしないで肩を軽く抱くだけ。にやけてないのはいいけど、あの体やし全然笑わないのは怖い~。ボニー・レイットがいっしょに歌ってお手伝い。

4.Closer to you デニス・クエイドが作曲とのこと、ボニー・レイットがスライドを弾いている。アーロンのコーラスが美しい。映画に出たんですね、いっしょに。

5.グレッグ・オールマンがMidnight Riderを。シリルが♪ミッドナイトラァァイダァァァーと抑揚つけまくりで体を横にシェイクして吠えるのもソウルフル。

6.Tell it like it is レコードの味わいとはまた少し違って、歌詞がフェイクしてあったり、シリルが後追いコーラスつけたりもしてゲロヤバ!
あっ、つい興奮してきたない言葉を使ってしまいました。この曲、レコーディングしたときに、アーティ兄さんは、「おい、アーロン、こいつはヤバめの出来だぜ」って言った、と自伝本にあるのですが、それって、ナマの言葉ではなんて言ってるのかと思ったら、This is serious shit. でした。←コレ、一時、ちょっとウチで流行りました。
もちろんボニーさんは熱いまなざしで見つめたり、胸に手をあてて感極まったカンジ。ほんとうにあの場にいたらうっとりしてしまうだろうな。
グレッグ・オールマンもまだステージにいて、オルガンを弾いていて、ちょっとソロとって歌います。

7.My Blood アルバムYellow Moonの1曲目。プロデュースしたダニエル・ラノワといっしょに。ダニエル・ラノワってこんな顔なのか。「魔法使い」と紹介されていた。音の魔法使いだけではなく格好も。赤いマントを肩からダラーリと下げて。シリルのアフリカ味が味わえて好き。アルバムと違って、エンディングもきっぱりしていてカッコいい。

8.Sixty Miniutes Man  エド・ブラッドリーというニュースキャスターの人がゲストで歌っている。歌はなかなか聞ける(かな?)

9.Sister Rosa ネヴィル一族の子どもたちがお手伝い。アーロンの末息子、ジェイソンはまだ小学生くらいなのに、ラップノリノリでお上手。前半はシリルおじさんに助けられてどうなることかと思ったけど。この子、家でゲームしてたみたいな格好・・ジャージの上下みたいなの着てるのがおかしい。シリルのお嬢、リリカはもっと幼い、下からパパ・シリルをまじまじと見ている。チャールズんちからは、シャーメイン・ネヴィルと末娘ロウェナも。このロウェナさんってまるで白人なんだけど。

10. Fire and the Brimstone ダーティダズンブラスバンドを迎えて。アルバムYellow Moonの中でも彼らが演奏していたこの曲。ここへ来てアーティ兄さんのボーカルがやっと聞ける。

11.Middle of the Night ジミー・バフェットと。これもアーロンの美しい声が聞ける。
12.Ya Ya  出ました、バカボンパパ。バックウィートザディコ。まるでぃぐらぐらさんが言う「髪型で笑いをとる」タイプでもある、この人。音楽も陽気で楽しいので聞いていると自然と微笑むのですが、姿を見るとよりいっそう微笑が。映像で演奏を見る場合、パフォーマンスやらカッコいい容姿やらを見て楽しいのがふつうなんでしょうけど、こういうツボもよろしい。バックのベースがタバスコソースの瓶の形している。真ん中にラベルまである、おもしろーい。

13.Brother John ~Iko Iko ディキシーカップスと。

14.Fire on the Bayou 全員集合。デニス・クウェイドがいちびってキーボードを。
[PR]
by metergirl | 2005-01-24 22:54 | ネヴィルズ