毎日、そばにある♪♯


by metergirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2004年 12月 28日 ( 1 )

オーティス・レディングのThese arms of mine。
歌詞はこちら

考えごとをしているとき、ぼんやりと下を見る、自分の手が目に入る。
この歌が思い浮かぶ。

「自分はひとりぼっち」っていうのをそのまま言わないで、
These arms of mine
They are lonely
って、「この手が孤独」と言うのは上手。詩人だよなー。

自分と同じ気分の歌を聞くと気持ちがいいのはなぜだろう。
楽しい気分のときに楽しい歌を聞いてより楽しくなるのは当然だけど、悲しいときに悲しい歌を聞いて、悲しみをもっと盛り上げてもらって自己陶酔するんだろうか。

孤独を感じるとき、
自分の両手を見てこの歌を聞くとドラマのヒロインみたいな気分になって陶酔できる。

自分で自分の顔を見られないのはありがたい。神様が考えてくれたんだと思う。
顔を見るには鏡が要る。
冬ソナのチェ・ジウみたいなべっぴんさんが涙をポローっと流すのならいいけど、わたしじゃなぁー、ちょっと酔えない。でも手なら大丈夫。

「このサイトを訳す」をクリックするととんでもない訳が出てきて笑わされるんだけど、この歌詞の訳もなかなかのもん
[PR]
by metergirl | 2004-12-28 19:42 | 黒い人の音楽