毎日、そばにある♪♯


by metergirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

うっとり~~デンゼル・ワシントン

わたしの「黒い恋人・第2号」の主演映画アメリカンギャングスターを見てきました。
(第1号はもちろん、あのガタイの良い、ええ声のシンガーですよ、第3号以下はミュージシャン、フットボールプレイヤーなどなど無数にいます。あ、そんなん誰も訊いてないって?)

b0012375_2348387.jpg


アジアから純度100パーセントの麻薬を直輸入して大もうけするギャングVS賄賂に屈しない捜査官という実話ストーリー。
ギャングはデンゼル・・・、捜査官はラッセル・クロウでした。

デンゼルは、家族を大事にするストイックで賢い大物悪者の役にぴったりでした。
なんせ、シュッとしてるからなぁ。053.gif053.gif053.gif
角度や表情によってはたまにちょっとサル顔っぽくなるところがまたたまらなくステキだ。016.gif010.gif

b0012375_23495079.jpg


1968年くらいからの話で、黒い人たちが集うシーンなどでは音楽もそれなりのものでした。

サムアンドデイヴやステイプルシンガーズ、ロウエル・フルソン、ジョンリーフッカーなどなど。

若手では、劇中、クラブで歌う役としても登場するアンソニー・ハミルトン。
若手と言っても37歳ですが。
妻となるエヴァと出会うシーンで流れるこの曲、このごろよく聞いています。

♪Do you feel me?
 ↑いい感じでしょ。

ここからは小学生の感想文です。

でもAMERICAN GANGSTERっちゅうくらいやから、ギャングの恐ろしい振る舞いや麻薬におぼれる人たちなども見せられて、怖かったです。

クスリを注射針で打つシーンも見るのがこわくて、目を覆うか、半分だけ開けるかしていました。

映画が終わって外に出ると、新京極のおみやげものやさん通りが目に飛び込んできて、つくづくこの時代の日本に生まれてよかった、と思いました。

これはR-15でR-50なんてものはないのですが。

これで思い出したお話・・・おわらい日記に書きます。どうぞ。
[PR]
by metergirl | 2008-02-27 23:28